読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺雅人と菅野美穂が週刊文春に!そして区役所で婚姻届!

堺雅人のアドリブがすごい

堺雅人さんが主演を務めたドラマ「リーガルハイ」では、堺さんの演じた古美門研介(こみかどけんすけ)がとにかく破天荒でした。実はそれはすべて堺さんのアドリブであったそうです。ちょっと驚きですね。


「リーガルハイ」第一期ではとくに自由奔放に堺さんのアドリブが入っていたそうです。しかし、それが第二期になると製作スタッフが変わったため、少しおとなしくなったみたいです。


もう一つ堺さんのドラマで大ヒットした「半沢直樹(はんざわなおき)」はまた全然違ったキャラクターを演じていました。常に個性的で興味深い演技を堺さんは披露してくれます。本当にすごいと思います。しかもその役にしっかり馴染んでいるので、自然に感じられます。


よくあるパターンで、ドラマや映画の作品が大ヒットするとそのイメージを引きずってしまい、次のドラマや映画で失敗するという俳優さんがいらっしゃいます。しかし、堺雅人さんにはそんなジンクスは全く関係ありませんでした。演技力の高さが並ならぬものであると感じさせられます。これからの作品も非常に楽しみです。


堺雅人菅野美穂が週間文春に


週刊文春では、「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」の読者アンケートを実施し、そのランキング結果を2014年末に発表しました。好きな夫婦第1位は三浦友和山口百恵夫妻です。その中で堺雅人菅野美穂夫妻は第4位にランクインしました。


堺さんはドラマ「半沢直樹」で一躍有名になり、その後菅野美穂さんに猛アタックをして結婚に至りました。妻の菅野美穂さんは結婚を機に「内助の功」に徹して、ドラマや映画の出演の仕事を減らしているそうです。現在はCMを中心に出演しているようです。それが、読者の好感度アップにつながっているみたいです。


堺雅人さんも菅野美穂さんも明るいキャラクターなので、実際のご家庭も笑いの絶えない仲睦まじい関係ではないかと想像されます。

 

投資の体験談を集めてみました


堺雅人菅野美穂が区役所に


2013年4月2日に堺雅人さんと菅野美穂さんは二人そろって、区役所に婚姻届を提出しました。しかし、当時は婚姻届を提出しただけで、一緒に住んでいなかったそうです。スピード結婚であったことと、お互いの仕事が忙しかったので、新居を構える時間がなかったことが理由だと考えられているみたいです。

 

芸能人は結婚することで、人気やイメージに影響するので、半同棲生活をになったり、妊娠するまで、婚姻届を提出しない夫婦が多い中、このようなスピード結婚は珍しいのではないかと思います。

 

現在も二人にはおめでた話がないため、一部のマスコミには不仲説が流れているようです。また新婚旅行のときもお忍びで行って、帰国の便も別々だったそうです。新婚旅行でバラバラに帰国するというと、いわゆる「成田離婚」が連想されます。でもこれは、堺さんがプライベートのことを公にしたくないという思いからの行動のようです。

 

堺さんは放っておいて欲しいけど、マスコミは放っておけないというのが現状みたいですね。大物俳優二人のカップルなので、多くの人が興味があると思いますし、まあ仕方がないのではないでしょうか。